食・金・欲・女・男
人間の様々な欲について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
まめ知識。。。有給休暇について
年次有給休暇とは

・労働者が1年に1度位はまとまった休暇をとり疲れを癒し、あ わせて文化的・社会的な生活を充実させるために労基法が定めた労働者の権利である。(39条)
 従って年休はとらせてもらうのではないのです。権利です!
 労働者が年休届けを出し、使用者がこれを承諾を与えることに よって生ずる権利ではありません。 『○月○日から何日間』と届ければそれで十分なのです。もちろん休暇をどんな目的に使おうと一切自由です。(例外は1つだけ・・自分の職場での争議行為に利用することはできない)
 
 但し、39条の④では『請求された時季に有給休暇を与えるこ とが事業の正常な運営を妨げる場合には他の時季にこれを与えることができる』として振替休暇を認めていますが、これはあくまで正常な運営のできない具体的事情がある場合で、単に忙 しいからだというだけでの拒否はできません。
 
・年休権とは  
     ① 労働者が継続勤務している(6カ月・1年)
     ② 労働日の8割以上出勤すること
  この2つの要件を満たせばOKです( ^o^)

・年休日数  
 
 勤続年数/付与日数 
 0.5〔10日〕 1.5〔11日〕 2.5〔12日〕 3.5〔14日〕
 4.5〔16日〕 5.5〔18日〕 6.5年以上〔20日〕
 
 上記のとおりで20日が上限となります。
・年休の繰越
  未消化の年休日数は、翌年への繰り越しが認められるから、
  労働者は最大40日の休暇権を保持することがあり得る。
  ※ 但し繰り越された年休の権利は、労基法第115条により2年の時効が適用される。

・年休の買上
  買上は年休の放棄を促すことになり許されません。ただ行政当局は、法定日数を超えた分については買上を認めています。

  以上本日のまめ知識でした。
  ※ 間違いあったらゴメンナサイ<(_"_)>ペコッ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yakko.blog6.fc2.com/tb.php/12-34a3f4e3
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。